スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
我慢することからシステムトレードへ
我慢することが大事ですね。
勝つチャートまでエントリーを我慢する。

そして、勝つチャートになればエントリー。
10銭上がれば決算、20銭下がればロスカットと言う風に、それを裁量を捨て機械的に繰り返す。

それは、負けることも多いが最終的に損益を上げれば良いんですね。
確率の問題でもあります。
統計を取りより良い物にしていく。
どういう時に負ける時が多いのか?

それを改善していけばよりよいシステムトレードが目の前にできあがっているのではないでしょうか?

システムトレードをそんなに難しいものと考えず、誰もが作っていくことができるのではないでしょうか?

システムトレードを新しく作ることは一部のプロの方だけにしか出来ないものでなく、市場参加者の誰もが自分なりのシステムトレード構築に向かうのが将来のFX業界の姿なのかもしれませんね。
スポンサーサイト
[2008/04/06 21:08 ] | FX | コメント(0) | トラックバック(0)
<<システムトレードについて | ホーム | FX10カ条の12番目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。